ユニクロ バイト
ユニクロ バイト > 採用内容 > ユニクロのアルバイトで落ちたときの理由は?

ユニクロのアルバイトで落ちたときの理由は?

Pocket




 

ユニクロのバイトで落ちたときに考えられる理由

ユニクロの面接で不採用になってしまった時、身だしなみや笑顔も気をつけたし、志望動機もしっかり話せたのになぜ?といろいろと考えてしまうかもしれません。

 

ユニクロのアルバイトはとても人気があるので、その分倍率も高いです。なので、もちろん落ちる人もいますし、ユニクロに対する熱い思いがあっても不採用になることがあります。

 

また、店舗スタッフの勤務状況や採用する時期にも関係があります。出勤できる日数に限りがある場合や、その店舗でほしい時間帯に入れないと、例え良い人材であっても不採用になることもあるほどです。

 

 

時期によるタイミングでは、閑散期にはお店も暇なときが多く、人件費にもお金を割けないため、募集をしていても不採用になることがあります。閑散期は2〜4月、7〜9月の2回で、セールや決算期の後に来ます。

 

この時期はお客さんも少なく、売上も落ちるためあまり人を取らないことが多いようです。

 

なので、落ちたときは欠点があったのではといろいろ考えてしまいますが、決してそのようなことはありません。タイミングも重要な要素になります。

 

ユニクロでアルバイトしたくて、諦めずに何度も挑戦してやっと採用された人もいるくらいです。

 



 

シフトに関する採用のポイント!

ユニクロは人の出入りが多く、働く層に偏りがあるため、どうしても人員が足りなくなる時間帯が発生します。そのため、その時間帯に合う人やたくさん出勤できる人は店舗にとって欲しい人材でもあります。

 

特に土日は稼ぎどきでもあるため、土日や祝日にシフトに入れない場合は、お店では使いずらいというのが本音です。また、出勤できる日数が少なかったり、急に出れなくなることが多くなるような人は落ちる可能性が高くなるようです。

 

例え出勤できる日数や時間帯に限りがあっても、「一日3時間でも週5で出れます」とか、「家が近いので人が足りなくなったときにも対応できます」などのシフトに貢献できる人は採用される可能性は高くなるでしょう。

 

> ユニクロのアルバイト応募なら!祝い金がもらえる【マッハバイト】

 

Pocket