ユニクロ バイト
ユニクロ バイト > ユニクロの覚えておくこと > ユニクロのバイトを辞めたい!辞める方法と大切なこと。

ユニクロのバイトを辞めたい!辞める方法と大切なこと。

Pocket

ユニクロのアルバイトを辞めたいときは?

ユニクロでアルバイトをされている人には、「辞めたい」と考えている人も少なくありません。ユニクロはハードワークな上に、人間関係でモチベーションを保てなくなることは非常に多いです。

 

中にはユニクロで勤め始めて数日、数週間という人もいるでしょう。

 

しかし、本当に辞めたいときには辞めてもいいんです。それは人それぞれですし、本人の自由です。会社側としては引留めはしますが、それを振り切るか残るかは本人の意志です。強要はできません。

 

アルバイトとはいえ、社会での経験を得て、初めて感じることがたくさんあると思います。ユニクロでなくても、どんなアルバイトでも仕事を通じて、社会を通じて感じることや得るものはかけがえのないものです。

 

辞めたくなってしまっても、始めは頑張りたくても、どうしてもツラいときは辞めることも選択肢として間違いではありません。

 

経験をして苦い思いをしても、その経験はこの先きっと役に立つことがくるからです。

 




 

辞める理由と手続きについて

ユニクロのアルバイトを辞めたいという場合、どのように辞めたらよいのかもきちんと理解しておきましょう。最近の傾向としてはバックれ(何も手続きをせずに来なくなること)も多いですが、これが一番やってはいけないことです。

 

どんなに嫌なことがあっても、きちんと「退職する」という経験をしておきましょう。

 

さて、ユニクロの辞め方ですが、辞めるときって一番いやですよね。会社にも行きたくないですし、ユニクロの人にも会いたくないという人もいるでしょう。

 

まずはユニクロの辞め方を理解した上で、どうするかを考えましょう。

 

  1. 辞めたいという意志を伝える
  2. 店長と話し合い、退職する日を決める
  3. 退職日までに、退職するために書類を書く
  4. 退職日当日、借りていたものを返して退職

 

ユニクロのアルバイトを辞める手続きは、ざっとこんな感じです。

 

基本的には直接申し出て、手続きを進めます。どうしてもお店に行きたくない場合は電話で伝えても大丈夫ですが、書類の記入や返却物もあるため、一度はお店に来ることになります。

 



 

辞める理由はどんな風に言えばいいのか?

 

辞めたい理由は「正直に言う」で構いません。むしろその方がいいです。

 

仕事がうまくいかない、やりたいことがある、嫌いな人や苦手な人がいるでもいいんです。

 

退職の旨は店長に相談しますが、その悩みや辞めたい理由は正直に話してもらいたいというのがお店側としてはあります。その理由は決して口外しませんし、無理に止める権利はお店側・店長にはありません。

 

店長が嫌い・苦手な場合は、本音を隠してもいいです。

 

本当の理由を言いたくない場合は、学生であれば「学業との両立が難しい」や「やりたいことがある」と言えばいいです。学生でない場合も、「家庭の事情」や「やりたいこと」などで構いません。気が進まない人は、前向きな理由を話しましょう。

 

 

いつ申し出るか?いつまで働くか?

 

辞めたいことを伝えるのは、おおよそ一ヶ月前には言いましょう。一ヶ月の余裕があれば、シフトの調整もなんとかカバーできます。最低でも2週間前、シフトが作成される前の前の週には伝えましょう。

 

ユニクロのシフトは一週間ごとに組まれ、予算やお店を回せる人数などを計算してシフトを作成します。そのため、急な欠員やバックれは非常に困ります。

 

お店が回らなくなるだけでなく、他のスタッフの仕事や勤務時間が増えるため、お店とスタッフの両方に迷惑がかかります。欠員補充のために、本来休みの人や無理を言って出勤要請をすることもあります。

 

どうしてもすぐに辞めたい場合は、最低でもシフトが組まれた週、できればその月いっぱいは働きましょう。

 

お店に来ることすら苦しいかもしれませんが、少しでもお店やスタッフに迷惑をかけたくないという思いがあるのなら、それだけでお店はすごく助かります。

 

 

バックレやお店に行きたくない場合

 

正直、バックれや一方的に電話で辞めると言いお店に来なくなる人はいます。バックれであっても退職することは可能で、バックれをされた場合はある一定の期間が経過するとお店側で退職の手続きをします。

 

ですが、例えアルバイトでも面接をし、きちんと手続きをして入社し、時間をかけて仕事を教えてくれた人もいて、給料をもらいながら働いていた人間として、非常識であり、恥ずべき行為だということを理解しておいてください。

 

苦しくてもきちんと退職をすれば、後には引きずりません。

 

もし、次にまた他のアルバイトをすることがあっても、その経験がきちんと表れるはずです。苦い思いをしたからこそ、次に頑張れることがあるのですから。

 

⇒他のアルバイトを探してお祝い金をもらおう!


 

Pocket