ユニクロ バイト
ユニクロ バイト > 評判 > ユニクロアルバイトは本当にブラックなのか?

ユニクロアルバイトは本当にブラックなのか?

Pocket

ユニクロがブラックと言われる理由とは?

ユニクロといえば、「ブラック企業」というイメージを持つ方がたくさんいますが、なぜユニクロがブラック企業と言われるのでしょうか。

 

それは以前、暴力的な言動やパワハラをする上司がいたことが明るみになったことが起因しています。

 

ですが今では、そのような発言や行動を起こせば、すぐさま厳重注意や処分が下ります。

 

ユニクロの上司や部下との関係は、問題のあることはすぐに報告できるようになっており、それを管理する人が抜き打ちで調査することもあります。

 

 

また、勤務時間の長さとサービス残業があるのではという指摘も、ブラック企業と言われる主な理由です。

 

 

ユニクロでは限られた人員で作業しなければならないため、人が足りなくなったり、勤務時間を延ばしてもらうことが多々あります。

 

そのためユニクロの勤務時間は、フルタイム出勤のときで10時間以上の勤務時間になることがあります。

 

ですが、勤務時間の長さに関しては採用時にも説明があり、法的に定められた休憩時間もきちんと取らされます。また、勤務時間が延びる場合もきちんと本人に許可を取るため、強制の労働を強いられることはありません。

 

サービス残業に関しては、その人の好意や本当のサービス精神で手伝ってくれる人がいるため、サービス残業があると言われることがあるようです。

 

ユニクロがブラック企業だという問題には、その人の受け取り方次第によるところが大きいようです。

 

 


 

 

ユニクロは本当にブラック企業なの?

今では、ユニクロ=ブラック企業というイメージが定着していますが、それはあくまで中身を知らない世間が話題作りとして騒ぎ立ててる面が大きいです。

 

確かに、昔のユニクロではサービス残業などと批判されることはありましたが、現にアルバイト・社員として勤務していた運営者から見ても、ブラック企業と言われるところはあまりありませんでした。

 

今はかなり改善が進み、サービス残業に関しても厳しく取り締まるようになりました。

 

どんな作業をしていようと、それが仕事に関することであればきちんと給料に反映されるように手続きを取り、退勤後に仕事をすると厳しく注意を受けるほどです。

 

 

これは、その人の受け取り方次第という面が大きいようです。実際にサービス残業と言われることも多少あるかもしれませんが、本人の好意であったり、手伝ってあげたいという気持ちでされている人ばかりです。

 

運営者も見てきた光景ですが、ユニクロのスタッフは本当に楽しそうに働いていました。もちろんつらいこともありますが、それはブラックと言われる問題とは別の問題です。

 

世の中には、ブラックと言われてもおかしくない会社はたくさんありますが、現状ユニクロで働くスタッフはあまり悪いイメージを持っておらず、ブラックな面は感じることはありません。

 

むしろ、ブラックと言われる会社で働くことはマイナスな面だけでなく、自分を成長させる環境でもあると考えても良いでしょう。周りの評価や意見で物事を判断するのではなく、自分の目で確かめることが大切なのではないでしょうか。

 

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト


 

Pocket