ユニクロ バイト
ユニクロ バイト > 仕事内容 > ユニクロアルバイトの休憩時間と一日の流れ

ユニクロアルバイトの休憩時間と一日の流れ

Pocket




 

ユニクロの休憩時間ってどんなふうに決められているの?

ユニクロの休憩時間は、勤務時間によって決められています。

 

何時間以上で何分、という具合で分単位で休憩時間が当てられます。ユニクロは時間管理に厳しい面がありますが、それは休憩時間もきちんと与えられるということです。

 

 

何時間以上で何分とまでは明記することはできませんが、全国の店舗でこれは共通です。ユニクロは接客業なので、お客さんの対応や突然のアクシデントは必ずあります。

 

そのため、休憩時間が削られてしまうこともあるのではと心配されるかもしれませんが、仕事が押した場合、押した分だけきちんと休憩時間をもらえます。

 

時間管理に厳しいユニクロではありますが、スタッフが働きやすい環境と定められた労働基準はしっかり守られています。

 

ユニクロはブラックだとか騒がれる世の中ですが、実際中の制度はきちんとしており、昔の風潮や体制が騒がれているだけなのです。

 

 


 

ユニクロアルバイトの業務内容と一日の流れ

ユニクロの一日の流れとして、オープン前とクローズ後の作業があります。

 

オープン前は、前日の作業の残りやオープン前の清掃、商品の補充などを行います。常にお客さんが満足に買い物ができるように売場を整えておくのが、オープン前の大事な作業になります。

 

オープン後は通常営業となり、レジや接客などを行います。

 

ユニクロの基本業務は主に、接客・レジ・商品整理・品出し・清掃の5つがあります。この基本業務はアルバイトであっても、社員であっても同じ業務を行います。

 

ユニクロは接客業なので「販売」がメインだと思われるかもしれませんが、実際のところは作業との半分半分になることが多いです。常に商品整理や「品出し」と言われる補充作業を行うため、どうしても作業量が多くなります。

 

しかしこれは、お客さんい迷惑をかけないためでもあるのです。ユニクロの基本方針は顧客目線で作られています。欲しい商品が売場になかったり、売場が汚かったらお客さんは気持ち良く買い物をすることができませんよね。

 

常にお客さんが買いやすい売場、買いたいと思う売場を作る努力が、感じられる部分でもありますね。もちろん、接客がどんな作業よりも最優先であることは言うまでもありません。

 

 

閉店後は、クローズ作業になります。一日の整理整頓をし、翌日に向けた準備作業になります。服をキレイに畳み直したり、商品の補充をしたりします。ここでの作業が時間との勝負になるため、ユニクロは体育会系だと言われるかもしれません。

 

それは、ユニクロの仕事は効率や基準がとても高く求められているからです。時間管理であったり、商品整理の基準であったりと、一見簡単そうに見える作業にも一つ一つ基準があり、徹底されています。

 

常に高い基準を設定することで、堕落することなく、目標のために頑張る努力や向上心を磨くことができます。厳しいと言われるユニクロですが、そこには常に成長できる環境があるということです。

 

成長したい、自分を変えたい、という心がある人にはとても良い環境であると言えます。

 

採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

 

Pocket