ユニクロ バイト
ユニクロ バイト > 評判 > ユニクロアルバイトの大変なことや忙しいことは?

ユニクロアルバイトの大変なことや忙しいことは?

Pocket

ユニクロの仕事はどんなことが大変?

ユニクロの仕事で大変なことは、常にスピードと正確さを求められることでしょう。

 

ユニクロでは、アルバイトであろうと社員であろうと同じ仕事をします。そのため、求められるレベルも高く、常に向上心を持って臨まなければなりません。

 

ときに、「ユニクロは体育会」と聞いたこともあるでしょう。

 

これはスピード勝負のユニクロでは、アパレル業界では珍しく走り回ることがあるからです。もちろん、営業中の店内で走ることは禁止されていますが、営業時間外や裏作業では走っていることは日常茶飯事です。

 

特にユニクロでは時間管理に厳しく、分単位でのスピードを求められます。仕事の割り振りも分刻みで割り当てられ、作業一つ一つに目標時間があります。これは仕事の効率を図るために、目標を設定することで一人一人の成長を促すためでもあります。

 

ユニクロでは「効率」を重視するため、時間通りに終わらせることやより早く作業を進めるための工夫が必要になります。そのため、走ったりスピードを求められる作業がつらいと感じる人も少なくありません。

 

しかし、常にどうしたら良いかを考えるクセが付くため、自分で考えて行動するスキルが自然と身につくようになります。社会人に必要なスキルや考え方を、アルバイトのうちから磨くことができるのもユニクロだからこそと言えます。

 



 

ユニクロで忙しいのはどんなとき?

ユニクロに限らず、小売店ではやはり土日や祝日が忙しさのピークになります。

 

 

特にユニクロでは毎週セールがあるため、お店の商品入れ替えやレイアウトの変更などが毎週行われます。

 

限られた時間と限られた人員でその作業を行わなければならないため、セール前の週末や大々的にイベントがあるGW、年末年始などの連休前はかなり忙しいと言えます。

 

 

営業中は、各自割り当てられたポジションの仕事のほか、接客対応、袋向きなどの並行作業、周りの人のサポートと幅広く行わなければなりません。

 

ユニクロはチームプレーが基本なので、他のポジションや周りのスタッフのサポートも重要な仕事になります。

 

一つ一つの作業にもスピードや正確さの基準は高いため、ついテンパってしまうこともありますが、周りの人や先輩スタッフが助けてくれるので、チームプレーの大切さや助け合いの精神を学ぶことができます。

 


 

Pocket